結婚式場の下見

勘違いされやすい美容外科と整形外科と形成外科の違いとは

みなさん、「美容外科」という言葉を一度は耳にしたことはあると思いますが、一体どのような科目のことを言うのかご存知でしょうか?
「美容」という言葉のため使用に関することだとはお分かりいただけると思いますが、科目の「外科」という科目は他にも「形成外科」「整形外科」などがあります。

 

一言に「外科」といっても扱う種類は多岐にわたり、心臓や血管などを扱う循環器外科、脳や神経などを扱う脳外科、胃腸や肝臓などを扱う消化器外科、肺や気管などを扱う呼吸器外科などが挙げられます。

 

そこで、よく間違えられる「形成外科」「整形外科」「美容外科」についてご説明したいと思います。

 

形成外科
外傷などによる瘢痕(はんこん)や変形など、身体の表面の器官や組織の機能に異常を扱う科目。

 

整形外科
身体の運動機能に関わる組織である「骨」や「関節」「筋肉」「神経」などを扱う科目。

 

美容外科
身体各部における表面の器官、組織を扱う科目。
形成外科や整形外科のように身体の機能の修復を目的としたものではなく、精神的な負担軽減や容姿のコンプレックスを無くすことが目的。ご存知ですか?刺青除去 鹿児島を要チェックです!

 

「美容外科」は「美容整形」と捉えられることが多いことから整形外科と勘違いされることや、形成外科と扱い科目が似通っているため「形成外科」と混同することが多い科目です。
簡単に言えば機能的には異常が無く、美容を形成する科目です。